ワンストップ特例制度とは

応援したい自治体に寄付をして、お礼として特産品が貰えます!

最近テレビや雑誌などのメディアで、ふるさと納税の特集がよくされています。

 

 

しかしふるさと納税の仕組みは何となくわかっていても、実際にふるさと納税を行う方法は初めての方には複雑に感じられて行動にされない方も多いのではないでしょうか。

 

 

ふるなびは、インターネットで手軽にふるさと納税の手続きを可能にしました。

 

 

サイト内ではふるさと納税について、初心者の方にもわかりやすく詳しい説明を添えてご案内しています。

 

 

具体的にはふるさと納税の仕組みについては、税金控除の限度額を超えない限りは好きな自治体を自由に複数選択が可能・寄付金によって税金が控除されるため、実質2,000円で様々な特典がもらえます。

 

 

また納税控除額の目安を各年収額に応じて一覧表にしていますので、とてもわかりやすくなっております。

 

 

ふるさと納税のお手続きの流れに関しても極力難しい言葉をつかわずご案内しており、まず寄付したい自治体と特産品を決定してふるなびサイト内の寄付申込フォームから申し込み手続きを行います。

 

 

後日、自治体から特産品のお礼の品が届けられます。ふるさと納税の寄付を証明する受領証は特産品に同封又は後日郵送されていますので、必ず大切に保管してください。

 

 

この受領証は税金控除のお手続き時に、必ず必要な書類となります。

 

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは?

また税金控除のお手続き方法ですが、従来通り確定申告を行う方法と新しい制度「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用する方法の2通りございます。

 

 

確定申告の場合は、通常の確定申告と同様に税務署にてお手続きをご自身で行わないといけません。

 

 

「ふるさと納税ワンストップ特例制度」場合は会社員など他に確定申告がない・1年間の寄付している自治体が5自治体以下の条件がクリアしている方限定で行えるお手続き方法で、自治体によってもことなりますがワンストップ特例制度のご案内が特産品お届け時又は受領証お届け時に同封されていることが多いです。

 

 

寄付をした自治体にワンストップ特例制度の手続きをすることが必須となります。

 

 

その際に必要な書類は各自治体によって異なり、受領証以外に本人確認書類などが必要になる場合がございます。

 

 

その他のご案内では、よくある疑問をQ&A方式で掲載しています。

 

 

ふるさと納税は全国の自治体によっても、納税額やお礼の特産品も様々です。

 

 

個人で調べるのはとても面倒ですが、こちらのサイトでは特産品も肉類や魚介類・電化製品などの種類別の項目ページを設けています。

 

 

またサイト内ではお勧めの特産品をピックアップしており、返礼品の詳細も確認しやすく掲載しています。

 

 

返礼品の詳細検索では、納税額や掲載順などでも検索が可能です。

 

 

そのため特産品から選ぶことも可能なので、ふるなびはショッピングサイトのように楽しみながらお選び頂けます。